【2×4】ツーバイフォー工法とは

【構造について】

・ツーバイフォー工法は正式には枠組壁工法といいます。在来木造と言われる「木造軸工法」が、柱や梁といった軸組(線材)で支えるのに対し、木造枠組壁構造(ツーバイフォー工法)は、フレーム状に組まれた木造に構造用合板を打ち付けた壁や床(面材)で支える工法です。この床・壁パネルで6面体を構成することにより、耐震性に優れているのが大きな特徴の一つです。構造用材料は主に6種類の規格材によって構成されており、最も多く使用されている基本材となるのが2(インチ)×4(インチ)材であることから、ツーバイフォー工法と呼ばれるようになりました。

 

【耐震性】

世界有数の地震国である日本において、住宅の「耐震性」はもっとも重要な基本性能です。「面構造」を基本にしたツーバイフォー住宅は、床パネル・壁パネル・屋根パネルにより6面体ができあがると、家全体が強いモノコック構造(一体構造)となります。モノコック構造のツーバイフォー住宅は、地震や台風などの力を建物全体で受け止め、荷重を一点に集中させることなく全体に分散してしまうので、外力に対して抜群の強さを発揮します。

 

【工期】

在来工法は大工・職人が手作業の割合が多く、工期が長くなりがち。ツーバイフォー工法のシステム化・マニュアル化が進んでいて分業もしやすいため、短い工期で建てることができます。また、大工・職人の技術差の影響が少なく、安定した品質であるともいえます。

 

【耐火性】

根太・ころび止めなどの枠組み材が一定間隔で組まれている壁・床パネルは、パネル内で「防火区画」がいくつも作られているのと同じ状態です。このひとつひとつ「防火区画」によって、火の進行は遅くなります。

 

【断熱性・機密性】

鉄骨やコンクリートは熱伝導率が高く、外気温を室内に伝えやすい構造材です。鉄骨やコンクリート以外の、熱伝導率が低く高断熱の構造材であっても、気密性が低いと壁内結露などの問題が生じます。ツーバイフォー工法の住宅は、熱伝導率の低い木材を構造材に使っている上に、モノコック構造で高気密性を確保しています。このため、断熱性が高く気密性も高いため、外張断熱の必要がない、高性能な住まいが実現できます。モノコック構造によってつくられるツーバイフォー工法の住宅は、床、壁、天井が高い密閉度で接合されます。それぞれの空間が独立するために気密性が高まり、壁内通風も防止します。床下から冷気が入り込む、といったすき間風による熱ロスや、断熱材の周囲に侵入した外気によって断熱効果が損なわれることもありません。ツーバイフォー住宅の外壁は、枠組材に構造用面材を貼った大壁構造のために、枠組材の間に空気層をつくります。断熱材はその空気層に充填するため施工も容易です。構造体自体を断熱化し易く、気密施工も容易なために建物自体がもともと優れた断性・気密性を兼ね備えています。

 

安定した品質の住宅を望むならツーバイフォー工法。工務店や住宅メーカーによっても特徴が異なるので、工法の特徴と合わせて、家づくりを考えよう。