戸建賃貸住宅「Superb」

スパーブ①

安定した家賃収入ができることから、人気の高い不動産投資ですが、過剰供給であった場合には、空室のリスクが高まってしまうことになります。その中でも戸建賃貸住宅は、さまざまなメリットから入居者の需要が高いと言われています。

戸建賃貸住宅 オーナーのメリット

【入居率が高い】

戸建賃貸住宅は、共有スペースがないため騒音対策やプライバシーが守られるため需要が高い反面、物件の供給が少なく、空室リスクが低い状態で始められます。

 

【低出資ではじめられる】

総戸数が多いアパートやマンションに比べ、低出資で建設が可能です。

 

【狭小地を有効活用&立地に左右されにくい】

所有している土地が狭小地や変形地の場合、アパートやマンションを建設するのに面積が足りないことも。スパーブなら、土地の持つ価値を最大限に発揮します。また、戸建住宅の入居を希望する人は、閑静な住宅街を望んでいる場合が多く、アパートやマンションと比べて立地に左右されにくい利点があります。

 

【節税効果が期待できる】

現在使っていない土地も、固定資産税や都市計画税などに係る支出で負担に。賃貸住宅を建設することで、税額が軽減します。また、減価償却費といった経費を所得と合算することで節税効果が期待できます。

スパーブ②
スパーブ3-1
スパーブ④

「日本一快適な戸建賃貸住宅」を目指して

スパーブ 家

すべては入居者のために。それがオーナーにとってのメリットとなるように。 賃貸住宅といえば、利回りを最優先に考えられた連棟アパートが一般的ですが、入居者は果たしてそれを望ん でいるのでしょうか。 賃貸住宅を建設する会社で具体的に建物の性能を謳っている建設会社はほぼ見当たりません。 新築アパートでも、いざ入居してみると一戸建住宅と比べ専有面積が半分以下なのに、光熱費が同じくらいかか るケ ースもあります。また、退去時には床の傷など、責任の所在について揉めることも多く、住宅性能とメンテナンスコ ストの関係は10年、20年と経るごとに差がはっきりとしていきます。 入居者が光熱費やメンテナンス費を気にせず‘‘快適"な暮らしができること、それによる定住率を上げること、ロコミ により入居率があがること。それが、オーナーにとっての“快適"にも繋がると私たちは信じています。

スパーブ⑤
スパーブ⑥
スパーブ⑦
スパーブ⑧